一般財団法人東海技術センター 一般財団法人東海技術センター

MENU CLOSE

塗膜中の有害物質

環境

産業廃棄物の分析
PCB分析
作業環境測定
INDEX

選択してください

OUTLINE

サービス概要

昭和40年代に製造された塩化ゴム系塗料の一部には、可塑剤としてPCBが使用されたものがあり、修理や改築が必要となっている今、問題となっています。

また、錆止め等の目的で鉛を十数%から数十%程度含有したり、クロムを含有する塗料が塗布された橋梁等建築物もあり、剥離等作業を行う作業者への安全面を考慮する必要性があります。

FEATURES

特徴

01

廃棄物として処分するための測定方法

PCB分析では測定方法として「低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法」が公表されており、2020年10月にだされた第5版にそって実施することと示されています。

塗膜片は大きく分類すると『廃プラスチック』に該当するため、廃棄の場合はPCB特別措置法に基づきPCB汚染物でないかを確認する必要があります。

基準値は0.5mg/kgとされており、これを超えるものはPCB廃棄物としての対応が必要となります。また、PCB濃度が100,000mg/kgを超過しない試料については、低濃度PCB廃棄物の無害化処理認定施設での処理が義務付けられています。

分析の結果が0.5mg/kg以下の値であった場合は、PCBは含まれないものとして処分が可能で、別途「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法、廃掃法)に基づいた方法にて、別途溶出試験を行う必要があります。実施の項目については、受け入れ業者によって変わりますので、法律で規制されているすべての項目を必ずしも実施する必要はありません。

廃棄物として処分するための測定方法
02

塗膜剥離作業前の事前確認について

塗膜剥離作業を行う前に、作業者への安全性、周辺環境への飛散防止を目的として、鉛・六価クロム・PCBの3項目について、含有分析を実施する場合があります。

鉛については、『労働安全衛生法』、『鉛中毒予防規則』がベースとなり、分析の結果、数値の検出がされた塗料は「含鉛塗料」となり、作業者への健康面や周辺への飛散防止の配慮が必要となります。

六価クロムについては、『労働安全衛生法』、『特定化学物質障害予防規則』がベースとなり、1wt%を超えて含有している塗料については、作業者への健康面や周辺への飛散防止の配慮が必要となります。

PCBについては、『労働安全衛生法』、『特定化学物質障害予防規則』がベースとなり、こちらも1wt%を超えて含有している塗料について、作業者への健康面や周辺への飛散防止の配慮が必要となります。

PCB含有量分析については、PCB廃棄物としての判断を明確にするため、報告は「mg/kg」でのご報告となります。1wt%=10,000mg/kg、1mg/kg=0.0001wt%として換算します。

上記3項目の他、コールタールについても分析を実施する場合がございます。
東海技術センターでは、コールタールの分析も対応可能ですので、お気軽にお申し付けください。