一般財団法人東海技術センター 一般財団法人東海技術センター

MENU CLOSE

炭素・硫黄分析(CS計)
酸素・窒素・水素分析(ONH計)

環境

製品開発・品質

土木・建築

産業廃棄物の分析
INDEX

選択してください

OUTLINE

サービス概要

CS計・ONH計について

CS計は無機材料中のC(炭素)とS(硫黄)、ONH計は無機材料中のO(酸素)とN(窒素)とH(水素)が分析できる装置です。

豊富なノウハウを用い、お客様のご要望に合わせて、最適な分析方法をご提案いたします。

FEATURES

特徴

01

CS計とは

高周波炉を用いた金属、鉱石、セラミックスその他無機材料の炭素・硫黄分析装置です。

るつぼに試料と助燃剤を測り取り、純酸素気流中で高周波誘導加熱により燃焼させます。試料中の炭素・硫黄は酸化されて二酸化炭素(CO2)と二酸化硫黄(SO2)になり、キャリアガスにより運ばれて赤外線検出器で定量されます。

02

ONH計とは

不活性ガス融解法により、試料中の酸素、窒素、水素を分析します。

試料をフラックスと共に黒鉛るつぼに入れ、ヘリウム気流中でインパルス炉の抵抗加熱により溶融分解し、酸素は二酸化炭素として、水素は水分として赤外検出器で検出し、窒素はそのまま熱伝導度検出器で検出して定量します。

(酸素・窒素と水素では分析対象が異なります。詳しくはお問い合わせください)

03

分析事例

弊社にて分析を行った物質の一例

機器 物質名
CS計 鉄鋼、鋳鉄、フェロアロイ、モールドパウダー、銅合金、アルミニウム合金、セラミックス、触媒、石灰石、鉱石、その他
ONH計 鉄鋼、鋳鉄、フェロアロイ、モールドパウダー、銅合金、アルミニウム合金、セラミックス、チタン合金、ジルコニウム、その他

有機材料についてはこちら(CHNのページ