一般財団法人東海技術センター 一般財団法人東海技術センター

MENU CLOSE

無機元素分析
ICP-OES/ICP-MS

環境

製品開発・品質

水質分析
水道水質分析
土壌分析
産業廃棄物の分析

OUTLINE

サービス概要

ICPによる分析について

ICP発光分光分析(ICP-OES)・ ICP質量分析(ICP-MS)は、水溶液中の元素を分析することができます。
固体試料は、種々の方法で溶液化して分析します。

東海技術センターは、豊富な経験を元に、あらゆるモノを溶液化するノウハウを持っています。
その豊富なノウハウを用いて、 ICP-OES・ICP-MSによる様々な 素材・製品 の分析が可能です。
お客様のご要望に合わせて、最適な分析方法をご提案いたします。

FEATURES

特徴

01

ICP 発光分光分析装置 (ICP-OES) と ICP 質量分析装置 (ICP-MS)

 ICP発光分光分析装置(ICP-OES)、ICP質量分析装置(ICP-MS)はともにアルゴンガスによる誘導結合プラズマ(ICP)を用いて、液体中の含有元素を測定する装置です。
装置に導入された試料は、原子状態まで分解され、アルゴンプラズマにより励起・イオン化されます。
 ICP-OESは、Arプラズマを発光光源として使用し、霧状にした溶液サンプルをプラズマに導入することで得られる元素固有のスペクトルとその光の強さから元素の種類と量を測ることができます。
 ICP-MSは、Arプラズマ中に霧状にした溶液サンプルを導入するまでは、ICP-OESと同じです。プラズマによって生成したイオンの質量とそのイオンの量から、元素の種類と量を測ることができます。

 液体試料については直接分析出来ますが、固体試料の場合は酸分解やアルカリ融解などの前処理を施し、試料の溶液化が必要です。

ICPの分析行程について。試料の前処理から測定までの流れ。

ICPによる分析の流れ

 ICP-OESは、高マトリックス試料の主成分から環境水中の微量有害元素に至るまで、幅広い分析に対応が可能です。

 ICP-MSはICP-OESよりもさらに高感度であり、pptレベルの分析が可能であるため、不純物分析などの極微量分析に適しています。
また、元素の質量数で測定を行うことから、同位体比測定が可能です。
イオンクロマトグラフと接続することで、3価ヒ素と5価ヒ素のように、元素の価数ごとに分析することもできます。

02

分析事例

弊社にて分析を行った物質の一例

種類 物質名
金属 鉄、アルミ、ニッケル、クロム、鉛、マンガン、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、リチウム、ベリリウム、ホウ素、ケイ素、リン、チタン、バナジウム、コバルト、銅、亜鉛
めっき 無電解ニッケルめっき、ニッケルスズめっき、スズめっき、三価クロメートめっき、亜鉛めっき、金めっき、銀めっき、銅めっき
ガラス ソーダライムガラス、ほうけい酸ガラス、石英ガラス
河川水、海水、汽水、水道水、イオン交換水、地下水、処理水、放流水、冷却水、工場排水、原水、ダム水、温泉、純水、超純水
土壌 汚泥、粘土、砂、スラグ、再生処理土、改良土、建設発生土
セラミック 窒化ケイ素、炭化ケイ素、アルミナ(酸化アルミニウム)、窒化アルミニウム、ジルコニア、窒化ホウ素、チタン酸ストロンチウム、チタン酸バリウム、酸化タングステン、窒化タングステン、炭化タングステン、酸化マグネシウム、酸化タンタル、窒化タンタル、チタニア(酸化チタン)、窒化チタン、窒化ニオブ、フェライト(酸化鉄)、スピネル(酸化アルミ+Mg)、マグネタイト、鉄鉱石、ムライト(アルミナ+SiO2)、セリサイト(雲母)、蛍石、カルサイト(CaCO3)、クオーツ(SiO2)、ゼオライト(アルミノケイ酸塩)
肥料 窒素質肥料、リン酸質肥料、有機質肥料、石灰質肥料、ケイ酸質肥料、汚泥肥料
03

アプリケーション

  • RoHS指令や環境基準に係るPb・Cd等の各種金属元素の定量分析
  • 電池材料(正極、負極、セパレータ、電解液)中の主成分・微量元素の定量分析
  • 排水中の各種金属元素の分析
  • セラミックス材料中のAlやSiの定量分析
  • 溶融スラグ中のPb、Cd、Ca、Fe等の定量分析

DOWNLOAD