一般財団法人東海技術センター 一般財団法人東海技術センター

MENU CLOSE

示差走査熱量分析装置(DSC)

製品開発・品質

製品・原材料の成分分析
未知物質の同定
INDEX

選択してください

OUTLINE

サービス概要

示差走査熱量分析装置(DSC)とは

DSCは、試料を加熱または冷却した時に、試料内に発生する熱エネルギーの変化を比較的微量の試料を使用し、再現性よく定量的に検出する手法であり、原理的に、エネルギー補償型と熱流束型に分けることができます。

東海技術センターが保有する装置は、熱流束型DSCであり、DTA(示差熱分析)から発展してきたもので、DTAを定量することによりエネルギーを測定する方式です。

FEATURES

特徴

01

機器詳細【Rigaku Thermo plus EVO2 DSC8231】

熱流束型DSCは、基準物質と試料を同じヒートシンクで加熱し、試料が吸発熱した際の温度差を測定します。

基準物質と試料は一定の熱量が試料容器底面から供給されます。この際、試料に流入する熱量は、ヒートシンクと試料容器との温度差に比例します。ヒートシンクは試料に比べ大きな熱容量を持っているため、試料の熱変化による温度降下および上昇を吸収し、試料と基準物質との間の温度差は一定になるように保たれます。

試料と基準物質に供給される単位時間当たりの熱量の差は、両ホルダーの温度差に比例することになり、熱量既知の標準物質を用いて較正しておくことにより、未知試料の熱量を測定することが可能になります。

DSC【仕様・装置構成】

DSC【仕様・装置構成】

主な用途

  • 試料の融解・ガラス転移・結晶化といった転移温度の測定
  • 反応(硬化・重合)解析
  • 結晶化条件検討
  • 熱履歴の検討
  • 純度測定
  • 比熱容量測定